このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 効果のある青汁を生活に取り入れて長続きさせるポイント

効果のある青汁を生活に取り入れて長続きさせるポイント

168view

2018.01.24

青汁の人気が高い理由

健康意識の高まり

高齢化社会ということもあり、日本全体の健康意識が高まってきています。現代人は野菜不足だということも関係していて、手軽に栄養が取れる青汁は大人気です。中高年だけでなく20代くらいの若い世代からも愛されていて、幅広い年齢の方が青汁を生活に取り入れるようになってきました。青汁は美容効果も高く肌がきれいになったり、食事制限のような無理なダイエットをしなくてもすみますから、男性のみでなく女性の愛飲者も増えています。

飲みやすい青汁へ

青汁は昔からなじみのある飲み物ですが、以前は苦くて飲みにくいものばかりでした。近年は味も工夫されるようになり飲みやすいタイプが増えています。原材料には苦味の強いケールだけでなく、苦味がない大麦若葉や明日葉なども使われています。

はちみつ入りで甘みのあるもの、煎茶や抹茶入りの飲みやすいもの、フルーツ入りの甘くておいしいものなど、味のバリエーションも豊富で、子供でも飲めるおいしい青汁がたくさんあります。

健康や美容効果が高い

栄養をしっかり補給できますから、健康維持や美容効果も期待できます。疲れにくい体を作ってくれて病気にかかりにくくなったり、ダイエットや美肌にもいいです。

カロリーが低いですから血糖値を上げたり肥満の原因になることもありませんし、食事制限ダイエットのような栄養不足になる心配もなく、ヘルシーなダイエットに取り組めます。生活習慣病予防などにも役立ちます。毎日1杯の青汁で野菜の栄養をたっぷりと補うことができますから、現代人に多い野菜不足解消にもなります。

目的別の青汁の選び方

健康維持や野菜不足解消のため

青汁を飲む目的は人によって様々です。健康を意識して普段の野菜不足を改善するために飲むのなら、栄養豊富な青汁を選びましょう。選び方のポイントは原料の栄養価の高さです。ケールや大麦若葉、明日葉がメインとなっているものは、普通の野菜と比べるとビタミンやミネラルなどの含有量が高いですから、効率よく栄養を取り入れられます。

また、緑黄色野菜が追加されているタイプなら、メインとなる野菜には入っていない栄養も摂取できます。パッケージや公式サイトの原料や成分をチェックしてみて、栄養がたくさん入っているものを選びましょう。

美肌や美髪などの美容のため

女性なら青汁で肌がきれいになったり髪につやが出るなど、美容効果を求めている方も多いはずです。体の中から肌や髪を磨くのに最適ですから、選び方のポイントはビタミンやミネラルの含有量です。

特に美肌に欠かせないビタミンB群や、美白やアンチエイジングに役立つビタミンCが豊富なタイプだと、肌や髪にもしっかり作用してくれます。女性向けに美容成分が追加されたタイプもありますし、果物が付加されたものなら飲みやすく美肌や美髪にも効果的です。

肥満防止やダイエットのため

メタボ体型を何とかしたい方や体重を減らしてダイエットをしたい方なら、まずは青汁のカロリーに着目してみましょう。選び方のポイントは低カロリーで、バランスよく栄養が含まれているものを選ぶことです。飲みやすくするために糖分がプラスされていると太りやすくなりますから、できるだけ避けるのがおすすめです。

乳酸菌や酵素、アミノ酸やスーパーフルーツなど、ダイエットサポートとしても優秀な成分が追加されているものだと、基礎代謝を高めて脂肪が燃えやすくなります。食事制限をすることなく体重を減らせて、すっきりボディを目指せます。

青汁選びで気をつけたい点

添加物や人工甘味料

長期間毎日飲む青汁ですから、健康や美容によくないものが入っていると安心して飲むことができません。気をつけたいのが添加物や人工甘味料です。味や見栄えをよくするための着色料や香料、長持ちさせるための保存料などの添加物は体に優しいとはいえません。体内で分解できずに内臓などに負担をかけてしまいますから、添加物が極力含まれていない無添加のものを選びましょう。

また、人工甘味料は化学物質を混ぜて作られていますから、やはり体に負担がかかってしまいます。人によっては体の不調を感じる場合もありますから、安全性にこだわって人工甘味料の含まれていないタイプを選びましょう。甘味のある味が好きなら、オリゴ糖やはちみつなどの天然の甘味料が含まれている青汁がおすすめです。

原料は国産100%が安心

原料となっている野菜はやはり国産のものだと安心感があります。中でも、有機栽培や無農薬栽培のものならより安全性が高いですから、毎日飲む青汁として最適です。ただし、パッケージに国産と表示されていても、国産の原料が半分以上入っていれば国産と表示していいことになっています。しっかりと国産100%の原材料かどうかを確認してみて、安心できるものを選びましょう。

青汁の続けやすさのポイント

長期間続けてこそ効果がある

青汁は薬ではありませんから、飲んだ翌日に疲労が全くなくなったり肌がつるつるになったり、体重が減るということはありません。毎日決められた量を続けてコツコツ飲むことで、少しずつ体の内側から健康と美容に効いてくれます。そのためにも、長期間続けて飲むことを考えて選ぶのが大切です。
個人差や目的によっても違いますが、やはり最低でも3ヶ月くらいは続ける必要があります。最初の青汁選びをしっかりと行って、長期間負担なく飲めるものを選ぶようにしましょう。

好みの味で飲みやすいもの

青汁は同じ原料が使われていても、種類によって味が違っています。味が好みでなければ毎日飲もうという気にはなれませんし、味がまずければ続けやすさにも影響してきます。青汁独特の苦味や青臭さがなく、自分の好みに合ったタイプの味のものを見つけましょう。

すっきりした飲み口が好きなら、緑茶や抹茶などのお茶がプラスされたタイプがおすすめです。甘みがあるものが好きなら、はちみつがプラスされたものや果物が原料に使われているものを選びましょう。

飲む回数が少ないもの

青汁によっては1日3回に分けて飲むものもあれば、1回ですむものもあります。1日に飲む回数が多くなるとどうしても飲み忘れてしまいますから、効果が実感できるまでに時間がかかってしまいます。また、飲むのが面倒になって途中で挫折してしまう可能性もあります。

やはり、1日1回ですむものなら生活に取り入れやすいですし、朝飲むのを忘れても昼や夜飲めばいいですから、生活に負担がかからず続けやすいです。面倒さをなくすためにも、1日1回飲めばすむ青汁を選ぶのがおすすめです。

生活の中に組み込んで習慣にしてしまう

人によって青汁を飲むタイミングは違っていますが、いつでもいいので飲む時間帯やタイミングを決めてしまうのがおすすめです。朝食と一緒に取ったり朝食前に取るとか、おやつ代わりにランチと夕食の間に取るなど、自分が一番青汁を飲みやすい時を決めてしまって、毎日のそのリズムで飲むようにすれば習慣化しやすいです。習慣になってしまえば食事や歯磨きなどと同じように生活の一部となってくれますから、青汁を飲むのが当たり前になって続けやすいです。

味に飽きない工夫をする

どんなにおいしくて健康や美容にいい青汁でも、毎日水に溶かして飲んでばかりでは味に飽きてしまいます。青汁のいいところは飲み方のバリエーションが豊富だという点ですから、自分なりにお気に入りレシピを見つけましょう。牛乳や豆乳に溶かすだけでも味がマイルドに変化しますし、カルシウムやたんぱく質などの栄養補給にもなります。

はちみつをプラスするだけでも甘みが加わって、いつもの味とは違ってきます。ヨーグルトにかけたりバナナにかけて朝食代わりにしたり、アイスや白玉団子にかけておやつと一緒に食べる方法もあります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る