このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 健康維持やダイエットに大活躍!青汁の特徴と上手な選び方とは

健康維持やダイエットに大活躍!青汁の特徴と上手な選び方とは

167view

2018.01.24

青汁の特徴

栄養豊富

青汁の原料は、主に次のものが挙げられます。

ケール

ケールには、β-カロテン・ルテイン・ビタミンC・ビタミンE・カリウム・食物繊維などが多く含まれています。そのため、アンチエイジング効果や便秘改善効果が得られます。

大麦若葉

大麦若葉には、カルシウム・カリウム・亜鉛・マグネシウム・ビタミンB1・SOD酵素などが入っていて、動脈硬化・高血圧・貧血・糖尿病などの予防に役立ちます。

明日葉

明日葉には、β-カロテン・ビタミンC・ビタミンB・ビタミンE・カルコンなどが入っています。中でも明日葉特有の成分カルコンは肥満予防に効果があるので、ダイエットをしている人にはおすすめの原料です。

クマザサ

クマザサには、ビタミンK・ビタミンB1・ビタミンB2などが含まれていて、抗菌作用や免疫力を高める力が高いと考えられています。

ヨモギ

ヨモギは、ビタミンA・ビタミンC・タンパク質・カルシウム・食物繊維・鉄分などを含んでいて、古くから漢方薬やお灸の原料にも使われてきました。

長命草

長命草には、ポリフェノール・カロテン・ビタミンC・ビタミンE・ミネラルが入っています。また、長命草に含まれるプテリキシンは肥満を予防する効果があるので、ダイエットをしたい人にはおすすめです。

桑の葉

桑の葉特有のDNJ(デオキノジリマイシン)は、血糖値の上昇を抑える効果があり、糖尿病の予防や改善に期待ができます。また、桑の葉に含まれるギャバには中性脂肪の蓄積を抑制し排出を促す効果もあります。

クロレラ

クロレラはタンパク質の含有率が高く、ほかにも必須アミノ酸・非必須アミノ酸・ビタミン・カルシウム・マグネシウム・鉄分などがバランス良く含まれています。このように、青汁の原料には豊富な栄養が含まれているのです。

デトックス効果がある

主な原料として使われている緑黄色野菜には葉緑体があり、それに含まれているクロロフィルは、腸内に溜まっている老廃物を体の外に出す働きを持っています。

また、原料には食物繊維や利尿作用のあるカリウムが豊富に含まれているので、青汁を飲むことでデトックス効果が期待できます。溜まった老廃物を排出することで、便秘の改善・美肌効果・むくみの改善・ダイエット効果という体に嬉しい作用をもたらせます。

食欲を抑える効果がある

青汁に豊富に含まれている水溶性食物繊維は、体の中に入ると水分を吸収して何倍にも膨れます。そのため食事制限をしている人でも、少ない量で満腹感を感じることができるので、物足りなさを我慢する必要がありません。ダイエットや健康のために食事制限をしている人には嬉しい効果ですね。

太りにくくなる

食欲を抑える効果とともに、ビタミンやミネラルが豊富な青汁には、体内の脂肪をエネルギーに変える働きがあります。そのため、代謝を促して太りにくい体質になります。

青汁の上手な選び方

形状の違いと栄養価の違いを考慮して選ぶ

青汁には大まかに分類すると、冷凍タイプ・粉末タイプ・粒タイプの3つの形状があります。冷凍タイプは原料から抽出した成分の鮮度が高く、栄養価も高い傾向にあります。粉末タイプや粒タイプは、冷凍に比べて栄養価は劣りますが、携帯に便利なので外出先でも飲みたい人に向いています。

しかし、青汁は商品ごとに原材料やその配合率もさまざまなので、栄養価を判断するには形状よりも入っている成分や配合率を気にした方が無難といえます。自分のライフスタイルや目的に合った選び方をすると良いでしょう。

好みの味のものを選ぶ

体に良いと分かっていても、飲みにくい味であれば毎日続けて飲むことはできません。最近ではフルーツから抽出したエキスを配合したものや、クセの強いケールの量を抑えて、大麦若葉やクマザサ、明日葉などの量を増やして飲みやすい味に改良されたものが多く販売されています。毎日飲み続けるためにも、美味しいと感じるものを選びましょう。

原料の安全性や鮮度の高いものを選ぶ

毎日の習慣として飲み続けるものは、その安全性にもこだわりたいものです。いくら栄養豊富といっても、人体に悪影響を及ぼすほどの農薬が使われているものや、合成添加物が多く入っているものは避けたいですね。

また、生産地が海外だった場合、収穫したものを一旦冷凍保存した状態で輸入し、解凍したうえで加工されるので、国内産のものに比べて鮮度は落ちてしまいます。効率的に栄養を摂取するためにも、できるだけ鮮度の高い状態で加工される国内産の原料を使ったものを選ぶようにしましょう。

無理のない価格のものを選ぶ

青汁は健康維持やダイエットのために長期間に渡って毎日飲み続けることが大切です。そのためにも、経済的に無理のない価格のものを選ぶようにしましょう。一度高価なものを飲んで効き目があったとしても、続けられなくなると効果を維持することはできません。自分に合った価格のものを、続けて利用するようにしましょう。

ダイエットに青汁を取り入れるときの心得

ダイエットに有効な原料が多いものを選ぶ

ダイエットに有効な原料として代表的なものには、ケール・明日葉・大麦若葉などがあります。ケールは栄養価が高く、そのバランスも優れています。単体で見た場合、ほかの原料に比べてカロリーが低いのでダイエットに向いているといえます。明日葉は栄養価が非常に高いうえに、カルコンの働きで脂肪を燃焼させる効果があるので、ダイエット効果が高い原料です。

大麦若葉はクセがなく飲みやすいという利点があり、活性酸素を分解する働きもあるので、ダイエットをしながらアンチエイジング効果もあるのでおすすめです。これらのダイエットに有効な成分の知識を持ったうえで、数ある青汁の中から自分に合ったものを探すことが、賢い選び方といえます。

置き換えダイエットに使う

まずは朝食を青汁に置き換えることをおすすめします。寝起きの胃の中は空っぽの状態なので、青汁の栄養が吸収されやすいのです。青汁の栄養成分を吸収した体は、日中体を動かすのにともなって代謝効果が促進されるので、より効率的に痩せることができます。

夕飯に青汁をプラスすることで、栄養バランスも良くなりますし、つい食べすぎてしまいがちな夕食も、青汁を先に飲むことによって少量で満腹感が得られて食べすぎを防ぐことができます。

朝昼夜の3食をすべて青汁に変えたほうが高い効果が得られると思いがちですが、それでは食事に対する楽しみが奪われてしまいます。その結果ストレスを招く危険性があるので避けた方が良いでしょう。気長に楽しくダイエットを続けるためにも、無理な食事制限は禁物です。

最低でも3ヶ月を目安に効果をみる

青汁を食事に置き換える、または食事にプラスして飲んだとしても、その効果はすぐに実感できるものではありません。個人差はありますが、早くても1ヶ月経った頃から体重が落ち始め、太りにくい体質になるまでには最低でも3ヶ月の期間が必要です。

焦らず気長に続けるのがコツです。食事を青汁に置き換えるだけでなく、適度な運動もプラスしてカロリー消費を積極的に行うのなら、もっと早い期間で体重の減少を実感できるでしょう。

人気の青汁

極の青汁

サントリーが開発した青汁で、宇治抹茶と愛知県産抹茶を使った飲みやすい粉末タイプです。熊本県阿蘇産の大麦若葉や鹿児島県屋久島産の明日葉といった国産の原料を使い、吸収力にもこだわってポリフェノールの一種であるケルセチンプラスを配合しています。

ふるさと青汁

伊豆諸島の八丈島原産の明日葉を中心に、甘みのある桑の葉やSOD酵素を含む大麦若葉を配合した青汁です。ふるさと青汁は、健康維持に有効なカルコンを含んでいる明日葉を根っこまで丸ごと使うことで、土壌微生物由来の健康物質LPSも摂取できるという特徴があります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る