このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 ダイエット中は適切な間食を!青汁を間食にするメリットと注意点

ダイエット中は適切な間食を!青汁を間食にするメリットと注意点

116view

2018.01.22

正しい食事制限ができる

ダイエットでは食事制限に失敗しがち

青汁を間食にすると、無理な食事制限をしなくても、健康的なダイエットをすることができます。健康のためには十分な栄養が必要不可欠ですが、ダイエットでは間違った食事制限をしてしまうことも多く、そうした失敗が起こりがちです。

なぜなら、食べなければ痩せるからです。極端に食べる量を減らせば、体重の減少がわかりやすく、どんどん減っていく感覚が得られます。そのため不健康であることをわかっていながら、食事を抜いたり極端に減らしたりといった、無理な食事制限をしてしまうのです。

しかしいくら痩せたとしても、体調を崩すことは避けなければなりません。重要なのは、必要なものをしっかり食べて、健康を維持しながら体重を減らすことです。そのためには、間食としての青汁をオススメします。青汁の助けを借りることで、体に負担をかけるような食事制限は必要なくなります。

満腹感で食べすぎを防ぐ

青汁の間食が健康なダイエットに役立つ理由は、豊富な食物繊維があるためです。青汁の食物繊維が満腹中枢を刺激することで、食べすぎを防ぐことができます。

また、食物繊維の中には、水溶性食物繊維と呼ばれる種類のものがあり、これが体内でゲル状に変化することも重要です。ゲル状になった水溶性食物繊維は粘着性が高く、ゆっくりと移動することになるため、ほかの成分よりも長く体内にとどまります。

これにより、空腹感を軽減することができるのです。これらの効果により、間食の時点である程度お腹を満たしておけば、そのあとの食事で食べすぎる心配はありません。

いつも胃がいっぱいになるまで詰め込んでしまう人も、適度な量で満足することができます。つまり、間食を青汁にすれば、食事を抜いたりしなくても、自然に食べる量を減らすことができるのです。そうした無理のない食事制限であれば、健康を崩さないダイエットができます。

青汁が間食なら太らない

間食は適度にとった方がよい

ダイエット中は間食を一切とらず、我慢しようとすることがあります。確かに、ダイエット中の間食は要注意です。うっかりスナック菓子などを食べると、次々に手が伸びてしまい、カロリーオーバーになることは少なくありません。

そうした事態を避けるために、まったく間食をしない習慣をつけようとする人もいますが、その方法にはリスクがあります。無理な我慢は、大きなストレスを感じるものです。それが蓄積されれば、とてもダイエットを続けることはできません。それまで我慢していた反動で、暴飲暴食をしてしまうこともあるのです。

そのため間食をゼロにしてしまうのは、あまり良い方法ではありません。ストレス過多を防ぐには、食べ物の選び方に注意して、なるべくカロリーが少ないものを適度に食べるのがオススメです。

ダイエットの妨げにならないものなら、少しくらい食べても問題はありません。その方がストレスを軽減できるので、継続もしやすくなるのです。そのためには、ぜひ青汁を利用してみましょう。

青汁は間食に最適

適度に食べながらダイエットするには、食べ物の選び方を間違えないことが重要です。しっかり低カロリーのものを選ばないと、なかなか痩せることはできません。そのため、選び方で悩むことも多いですが、そんなときは青汁を選んでおきましょう。カロリーが少ない青汁なら、ダイエットには最適です。

普通のおやつと違い満腹感を感じやすいため、大量に摂取してしまうこともありません。スナック菓子などは腹持ちが良くないため、いくら食べても満腹感を得るのは難しく、つい量が多くなってしまうものです。

また、間食に向いている食べ物としてドライフルーツが挙げられることも多いですが、安心感があるとたくさん食べてしまうこともあります。ドライフルーツの中には、糖分を多めに加えている商品もあるので、量には注意しなければなりません。

青汁のように満腹感を感じやすい食品なら、そうした量による失敗はなくなります。青汁にも、飲みすぎれば下痢になるというデメリットはありますが、基本的に適量で満足できるため、無理に飲もうとしない限り、その心配はありません。

飲みにくい青汁は避けよう

青汁の飲みにくさは継続を妨げる

ここまで青汁を間食にするメリットを紹介してきましたが、そのメリットを得るには、注意しなければならない点もあります。それは、青汁の飲みにくさを軽減することです。間食に最適といっても、青汁は、おいしく感じる要素が少ない食品です。それどころか、青臭さや苦みがあり、飲みにくい商品の方が多いくらいです。

しかし間食として飲むなら、やはりおいしさも欲しくなります。飲みにくいままでは、間食がだんだんと苦痛になり、投げ出してしまう可能性が高いのです。そのため、青汁を間食にするなら、自分が飲みやすいと感じるものを用意しましょう。そのような青汁であれば、楽しく飲み続けることができます。

原料で違う飲みやすさ

青汁を少しでも飲みやすくするためには、原料に注目してみましょう。青汁は、原料によって風味が異なります。青汁の原料では、ケールという野菜がよく使われていますが、ケールの青臭さや苦みはかなり強いので、間食として飲むには苦しいものがあります。

しかしケールはもっともスタンダードな原料であり、多くの商品で使用されているので、選ぶ際は十分注意してください。間食にするための青汁なら、大麦若葉か明日葉にしておきましょう。

明日葉にも独特の風味はありますが、ケールほど強いものではありません。また、大麦若葉は抹茶に似た味がするので、飲みやすさを重視するならもっともオススメです。

混ぜるものに注意

砂糖は太りやすい

間食としての青汁は、飲みやすいことが重要です。そのため、より飲みやすくするため、青汁にほかのものを混ぜて甘みを増す方法もあります。ただし、そこで安易に砂糖を混ぜないようにしましょう。

砂糖は手近にあるものであり、甘みを増すためには利用しやすいですが、ダイエット中の間食には向いていません。なぜなら、砂糖は太りやすいからです。砂糖は血糖値を大幅に上げてしまうので、肥満の原因になります。いくら青汁のカロリーが低くても、砂糖を加えてしまうとダイエット効果を妨げてしまいます。

また、あまり多く入れすぎた場合は、糖尿病になる恐れもあります。青汁に甘みを加えるなら、砂糖以外のものを使用するべきです。できるだけ太りにくいものなら、ダイエット効果を維持したまま飲みやすくすることができます。

オリゴ糖がオススメ

間食としての青汁に甘みを加えるなら、通常の砂糖ではなくオリゴ糖を入れるようにしましょう。オリゴ糖は、大豆やトウモロコシからとれる甘味料であり、粉末やシロップとして、スーパーなどで普通に買うことができます。

オリゴ糖には、糖分の吸収をゆるやかにする性質があり、砂糖にありがちな血糖値の急上昇を防ぐことができるのです。また、腸内細菌の中の善玉菌を増やす効果もあり、腸の状態を正常に保つことで、ダイエット効果を高めてくれます。

そのため、ダイエット中に使用するには、とても優れた甘味料なのです。ただし販売されているオリゴ糖の中には、人工甘味料を混ぜた商品もあります。ダイエットに使うならそうした商品は避け、できるだけ純度の高い天然のオリゴ糖を選ぶようにしましょう。

また、オリゴ糖を含んでいるハチミツも、ダイエットには適しています。カロリーを考えれば、入れすぎには注意しなければなりませんが、砂糖よりも血糖値は上がりにくいため、青汁を飲みやすくしたいときはぜひ試してみてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る