このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 飲み方はいろいろ!青汁の効果的な飲み方を徹底解説!

飲み方はいろいろ!青汁の効果的な飲み方を徹底解説!

121view

2018.01.22

青汁の種類

粉末タイプ

青汁にはいろいろな種類のタイプがありますが、粉末タイプの青汁はいつでも手軽に飲めるタイプの青汁です。粉末状になっている青汁を水に溶かすだけなので、手軽に飲める青汁として人気です。粉末タイプはさらに料理にも混ぜて摂取しやすいので、青汁の栄養をしっかり吸収することができます。

青汁の選び方として手軽に栄養を摂取したい時は、粉末タイプの青汁をおすすめします。家だけでなく外出先でも飲みやすいので、いつでも青汁生活を満喫することができます。

錠剤タイプ

錠剤タイプの青汁はサプリメントとして摂取します。青汁の原料である豊富な栄養をギュッと詰め込んだ錠剤は、手軽に栄養を摂取できます。サプリメントとして青汁を飲むことで、栄養の補助食品として効果を発揮してくれるでしょう。錠剤タイプはサプリメントとして飲めるので、栄養不足を認識している人におすすめできます。錠剤タイプの選び方としては、野菜の種類が多い商品を選びましょう。

冷凍タイプ

冷凍タイプの青汁は生の青汁に近いので、栄養価も高いまま冷凍保存されています。野菜の栄養価だけでなく苦みや臭いも生の青汁に近いので、野菜の苦みや臭いが苦手な人には飲むのは難しいかもしれません。しかし栄養価を重視する人にとっては、青汁の原料となる野菜の栄養をしっかり摂取できます。

青汁を選ぶ時に栄養を重視する人には冷凍タイプがおすすめです。冷凍タイプはある程度まとめて冷凍してあるので、解凍してから飲まなければなりません。1日で飲み切るために何度かに分けて飲むことになるので、青汁生活を満喫するなら冷凍タイプがおすすめです。

ゼリータイプ

青汁を飲むだけでなく食べる状態にしたのがゼリータイプです。いつでも手軽に青汁を摂取したい人にとっては、飲むだけでは飽きてしまうので、ゼリー状にしたタイプもおすすめです。ダイエットで食事制限をしている人にとって、青汁を飲むよりもゼリー状にして食べられた方が満足感もあります。

食事制限をしていても青汁はカロリーが少ないので、ダイエット中の人でも安心して食べることができます。若干他のタイプの青汁に比べると栄養価が劣ってしまいますが、それでも原料は青汁の成分なので、しっかりと足りない栄養を摂取することはできます。

いつもと違った青汁の飲み方

温かい青汁の飲み方

青汁を冷たいまま飲むのではなく、温かくして飲むこともできます。ホットで飲む場合には粉末タイプの青汁がおすすめです。冷凍タイプの青汁を温めると青汁の苦みや臭いも強いので、温めることでより臭いと苦みが増してしまいます。温め過ぎると飲みにくくなりますし、熱すぎると青汁の栄養素が失われてしまう可能性もあります。

特にビタミンは熱に弱いので、温める時は人肌程度にしましょう。青汁をホットにする時は粉末タイプがおすすめですが、水に溶かして飲むタイプなので、お湯に変えても飲みやすさは変わりません。お湯でも溶けやすいので、ホットにするなら粉末タイプがおすすめです。

凍らせて食べる

青汁を凍らせてから食べることで、夏場でも気軽に青汁の栄養価を摂取することができます。青汁には冷凍タイプがありますが、まとめて冷凍してあるので一度解凍しなければなりません。そこからさらに食べやすい大きさに凍らせても、青汁の苦みが強いので食べるのが大変です。粉末タイプは苦みも抑えてある商品が多いので、水に溶かしてから食べやすい大きさになるように冷凍します。

そのまま氷として青汁を凍らせておけば、冷たいまま青汁を食べることができますし、飲み物の中に普通の氷のようにして入れても飲みやすいです。凍らせる時は製氷機に入れておくだけで青汁の氷が作れるので、他の飲み物に混ぜて冷たいまま青汁を摂取することもできます。

青汁を美味しく摂取するための組み合わせ

納豆と豆乳の大豆製品

粉末タイプの青汁は苦みが少ないですが、それでも青汁の独特な苦みが苦手な人にとっては飲むのは大変です。そこで青汁の苦みを少なくして美味しく摂取するために、納豆に混ぜて摂取すると苦みを味わうことなく摂取できます。青汁の苦みよりも納豆の味と臭いの方が強いので、普通の納豆として食べることができます。

また青汁を納豆とお同じ大豆製品でもある豆乳と混ぜることで、腸内環境を良くする効果が期待できます。青汁の食物繊維と豆乳のオリゴ糖の働きによって、美味しく飲めるだけでなく便秘解消にも効果が期待できます。

フルーツジュース

青汁の苦みが苦手な人にとっては、フルーツジュースの甘みがあった方が美味しく飲めます。青汁は豊富な栄養価が含まれていますが、フルーツジュースにもビタミンCなど、豊富な栄養が含まれています。フルーツジュースの美味しさが青汁の苦みを消してくれるので、毎日でも飲み続けることができます。

朝からフルーツジュースやスムージーを作るのであれば、そこに青汁を足すだけなので簡単です。フルーツジュースは酸味がある方が青汁の苦みを消すことができるので、オレンジジュースやグレープフルーツジュースは青汁との相性もいいです。

効果的な青汁の飲み方のポイント

ダイエットに効果的な飲み方

食事制限をしてダイエットをしている人にとって、栄養価が偏ってしまう恐れもあります。青汁をダイエットに活用するには、食事の前に飲むだけでも効果を発揮してくれます。青汁には豊富な野菜の栄養価が含まれているので、ダイエット効果のある成分もたくさん含まれています。青汁の効果は脂肪の吸収を抑えてくれる働きがあるので、普段の食事のままでもダイエット効果を期待することができます。

食事の前に青汁を飲むだけでも満腹感を味わえるので、置き換えダイエットをしなくても効果が期待できます。逆に置き換えダイエットをするとタンパク質や炭水化物が不足するので、筋力の低下と共に代謝も悪くなってしまいます。青汁ダイエットは普段の食事の前に飲むことで、十分効果を実感することができます。

子供に飲ませる時のポイント

子供がいる家庭では野菜を食べてくれない子供のために、いろいろ工夫をして食べさせようとすることも多いです。野菜嫌いな子供は多いですが、青汁を飲ませることによって足りない栄養を摂取することができます。しかしいくら青汁が飲みやすいといっても、子供にとっては苦みが強いので飲んでくれないでしょう。

そこで子供に青汁を飲んでもらうには、粉末タイプの青汁をヨーグルトやジュースに混ぜて飲ませることがおすすめです。青汁以外の味があると摂取しやすいですが、それでも嫌がるようならはちみつやシロップを足してもいいでしょう。あくまでも野菜が足りないと思った時におすすめする方法なので、子供のうちは生野菜を食べさせる努力は必要です。

生活習慣病の予防

生活習慣病の予防のための青汁の選び方としては、飲みやすい青汁を選ぶことがポイントです。青汁に含まれる栄養素の効果によって、高血圧や動脈硬化の改善に効果が期待できます。生活習慣病は普段の食生活の乱れによるところが多いので、バランスの良い食事を摂ることが大切です。しかし野菜不足はなかなか解消できないので、青汁で不足した野菜を摂取することが、生活習慣病の予防に繋がります。

青汁の効果を最大限に発揮させるには、栄養価の高い青汁をたまに飲むのではなく、毎日青汁を飲み続けることが大切です。そのためには自分が飲みやすいと思える青汁でいいので、毎日飲み続けることを実践しましょう。青汁を飲むことが習慣になることで、栄養価の不足を補うことができると共に、健康的な生活を送ることできるはずです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る